巷で少し話題の「水素水

私も使ってみようと思いつつも名前しか知らない…そんな人達の為に水素水について今日はお話しようと思います。

 

そもそも水素水とは「水素分子のガスを溶解させて生まれた水」であり早い話が水素の入った水で無味無臭で色も無色透明とぱっと見では普通の水となんら変わりはありません。

しかしその能力は見た目からは判別できないほど高く

・アンチエイジング効果で美容にいい

・疲労改善にも一役買ってくれる

・記憶力や新陳代謝を高めてくれる

・ダイエットにも効果的etc

これらの効果が得られやすくネット、現実問わず実際の利用者の声からもこの様な意見が出て良い事づくめに見える水素水ですが、やはり否定的な意見も少なからず存在していました。

 

特に目立つ意見だと「値段」に関して否定的な意見が多かったです。

 

水素水自体は厚生労働省より「食品添加物」として認可は受けており日常生活に支障が出る程のデメリットは今の所発見はされていないのですが、いざ購入となると値段が通常の水よりも高くまた本当に効果が得られているのかも感じにくい側面がありますね。

悪い言い方をするならボッタクリみたいな印象が少なからずあり、また水素水を使った関連商品も多く出回っていますが乱発しすぎて「もう単に水素水の名前を使いたいだけだろ!」みたいな物まで出回り気づいたら自分で首を締めてる様な状態になりかけています。

 

もしもこういった商品と遭遇しそうだな…と思った時どの様に対処すればいいかという意見も出てくるかと思いますが、こればかりは実際に使用するまでは本物か名前だけ借りた偽物かは判別出来ませんが少しでも興味あるなら騙されたと思って服用して確認する他はないです。

 

無責任な言い方になりますが…当たって砕けろです。

 

さて、水素水についてここまでお話をしましたが正直に申し上げますと私も水素水は基本的な事しか知らず触り程度しか知らない為この様な当たり障りのない文になってしまいましたが水素水はまだ発展途上、改良の余地がある飲料水です。

 

私も水素水についてこれからも追っていこうと思います、本日は本文に目を通す時間を割いて頂きありがとうございました。

水素水の効果&作り方

最近水素水が話題になっており、とても手に入りやすくなってきました。

スーパーやコンビニでも水素水を売っていますが、毎回買っていてはコストがかさみます。

 

そこで、水素水サーバーや生成器、自分で作る方法もあります。

自分で作る方法は、マグネシウムスティックを、水道水と一緒にペットボトルに入れておくだけです。

 

学生時代の理科の元素記号の授業でもでてきますが、マグネシウム+水で水素が発生します。

なので、これだけで水素水ができます。

 

マグネシウムスティックが手に入りにくければ、生成器が使いやすいです。

少し値段は高いですが、生成器を水につけておくだけで水素水ができますのでとても便利です。

 

携帯できるもの等、種類もたくさん販売されていますので、どういう場面で使いたいか考えて購入することをオススメします。

サーバーをつけてしまえば、蛇口をひねると水素水が出てきますので、とてもお手軽です。

 

ちなみに私はサーバーを付けています。

気になる効果ですが、メリットがたくさんあります。

 

人は年齢を重ねるにつれ、抗酸化物質が減っていき、活性酸素が除去されにくくなります。

これが溜まることによって体がサビていき、肌のシミやしわを増やしていきます。

 

水素を取り入れることで、抗酸化作用を発揮して美肌やアンチエイジングに繋がります。

代謝を高め、疲れにくくしてくれる効果もあります。

 

飲むだけではなく、皮膚につけても良いそうで、洗顔に使用したりコットンに含ませてパックをしたりすると、肌トラブルの回復を早めてくれます。

健康にも美容にも効果的な水素水ですが、たくさん飲みすぎるとお腹がゆるくなることがあるそうですので気を付けてください。

水素水サーバーの利点と注意点

水素水サーバーの最大のメリットはやはり気軽さとコストです。サーバーにワンタッチすればいつでも飲めますし、より健康増進にもつながります。

最近は水素水サーバーを良心的な価格でレンタルできるメーカーも増えてきたので、気になる人は利用してみるといいでしょう。

 

ただし水素水サーバーは衛生面で注意が必要です。

水道水を使うので、何らかの不純物がつくと水素が通常より発生しづらくなります。

水回りは雑菌が増えやすくので、サーバー内に古い水素水を放置していると、サルモネラ菌などのバクテリアが水素水を食べてしまう恐れもあります。

雑菌が繁殖してしまっては、折角の水素水も危険なものとなってしまいます。

こんなことがあっては本末転倒なので、メンテナンスサービスがしっかりしているメーカーを選びましょう。