ウォーターサーバーには床置きタイプと卓上タイプに2種類あります。

床置きタイプは床の上に設置するタイプのもので比較的大きめのものになります。

 

そのため部屋のスペースをある程度開けておく必要があります。

卓上タイプはテーブルの上などに置く事が出来るタイプのもので比較的小さなものになります。そのため部屋のスペースを取らなくてもいいというのがメリットになります。

 

ウォーターサーバーを設置すると業者が水を宅配してくれるので自分で持ち運びをしなくても良いというメリットがあります。

 

ウォーターサーバーの水の宅配方法はワンウェイ方式とリターナブル方式の2つの方法があります。

ワンウェイ方式は水を使い切ったらボトルを捨てる事が出来る方式で業者のボトル回収がなくいろいろと手間がかからないというのが特徴です。

 

リターナブル方式はを使い切ったらボトルを業者が回収する方式で空になっても業者が回収に来るまでボトルを保管する必要があります。

そのためワンウェイ方式に比べて手間がかかってしまいます。

 

ウォーターサーバーを設置する時の水の種類は天然水とRO水があります。

天然水は採水地からそのまま持ってきている水なので加工物が一切入っていません。

 

そのため綺麗な水でありますが、採水地によって味やミネラルなど多少異なる点もあります。

RO水は水道水をろ過した水なので水道水と聞いて不安になる人もいますが、不純物はしっかりろ過してあるので衛生面では問題ありません。

 

天然水はワンウェイ方式を採用していてRO水はリターナブル方式を採用している事が多いようです。